被害をチェックして早めに雨漏り修理を依頼してください

雨漏り修理は気づいたらすぐにチェック

家の寿命を伸ばすためには、雨漏り修理と定期的なメンテナンスが必要です。放置しておくとシミだけでなく、カビの発生といった被害も出る可能性があるので、天井のシミが気になるのなら早めに雨漏り修理を行ないましょう。

雨漏り修理のサイン

外観の変化
ベランダや屋根などにヒビが入っていたり、外壁自体が色褪せている場合は雨漏り修理が必要になります。また、コーキングの剥がれや棟板金の浮きなども、雨漏り発生時に多く見られる症状であるため注意しましょう。
内装の変化
天井のシミや壁のクロスが剥がれている、波打つといった症状は雨漏りの特徴的な症状です。さらに、押し入れなど目には見えない部分にカビが発生することもあるため、雨漏り修理の前に確認しておきましょう。
周囲の変化
雨漏りが起こると室内の湿度が一気に高くなるため、玄関の靴や革製品といったアイテムにカビが生える場合があります。また、静かにしていると、室内で水滴の落ちる音が聞こえるといった現象も発生します。これが、雨漏り修理のサインです。

雨漏りの二次被害

目に見えない場所で起こる雨漏りは、住宅だけではなく人間の健康にも悪影響を及ぼします。中でも多いのがカビによる健康被害です。カビは、アレルギー疾患や呼吸器系の病気を引き起こす原因となり、場合によっては精神的な病気の引き金にもなりかねません。このような二次被害を防ぐためにも、迅速に雨漏り修理をするべきです。被害が拡大する前に修理を行なえば、住宅の劣化をすぐに食い止められますし、体への悪影響も最小限にできます。

被害を最小限にするためにも調査を依頼する

男性作業員

サインをセルフチェックした後は、雨漏り修理業者に連絡して、詳しく調査してもらいましょう。雨漏りの原因や水の浸入経路を調べれば的確な修理工事が可能となるのです。まずは、業者が行なっているポピュラーな調査方法を紹介します。

主な調査方法

  • 目視調査
  • 発光液調査
  • 散水調査
  • 赤外線調査

目視調査は、雨漏り調査の中でも優先的に行なわれます。目で天井裏や屋根を確認していくのですが、多くの場合調査費は無料です。また、目視が完了するとより精度の高い調査も行なうため、セルフチェック後は必ず業者に来てもらいましょう。

防水工事とメンテナンスが家の寿命を左右する

住宅の寿命を延ばすためには、防水工事が欠かせません。工事を行なわなかった場合は、塗装面が著しく劣化し、クラックと呼ばれる隙間が生じてしまい、そこから水漏れが発生します。しかし、適切な施工を行なえば、酸性雨や紫外線から受けるダメージを軽減することができ、雨漏りなどの症状が発生しづらくなります。同時に、一度工事を行なった後は必ず専門業者に定期メンテナスを依頼し、住宅の劣化にいち早く気付けるように心掛けましょう。

TOPボタン